2016年9月27日火曜日

85歳になりました

先日、家人や友人たちから85歳の誕生日を祝った頂いた。その時の偽らざる感想は「私の人生での一つの節を迎えた」ということである。振り返ってみれば、国連で30年、NPOで25年、今までの人生85年のうち55年間を「開発・環境保全・貧困削減」のために過ごさせて頂いた。今や、体力も落ち、忘れっぽくなり、他人様に迷惑をかけることもふえてきた。先日の天皇陛下のお言葉を拝聴して「まさに同感」と膝を打ったものである。
来年三月末でNPO2050の活動を終了し、その後は、家内と二人で、「他人様のため、次世代のため、更に、神の意志をなるたけ多く具現」するために個人として余生を生き抜く決意が固まった。そのためにせねばならぬのは、多くの人に語り掛けること、相談すること、出来ることを実行することであろう。
しかしながら、私が先ず心がけなければならないのは、なるたけ多くの人が「思いやる心」を持ち、全てあるがままに受け入れ、自分の価値観で他人様を裁かぬよう、そして、助け合いの手を伸ばすよう語り掛けることである。途上国で貧困のため苦吟している女性たちが少しでも教育を受け、人並みの生活が出来るようになれば、世界は自ずから平和になるだろうし、殺し合いも減るだろう。それ故、私は息のある間は、途上国の貧困子女・女性のエンパワーメントに専心したい。これは簡単には
実現しないであろうが少なくともこちらはある種の達成感を持ってあの世に行くことが出来る。

こうやって思い返せば、自分は満足すべき人生を送ってきたのだと実感できる。有り難いことである。


 

2016年9月17日土曜日

ひとつ

皆様、最近遭遇したつぎの一片の詩、「ひとつ」。是非声を上げて読んでいただけると幸いです。
 
「ひとつ」              作詞 作曲  高橋晴美
空と海がとけてひとつ
あなたの心にとけて生きる
空に星がとけてひとつ
あなたの人生にとけて生きる
あなたの部屋に野の花ひとつ
いつもやすらぎを届けてあげたい
あなたのために何かひとつ
今日も新しく生まれかわりたい
人と人がとけてひとつ
今日もしあわせ感じ合いたい
国と国がとけてひとつ
その日を信じて今日も生きる
人と人がとけてひとつ
今日もしあわせ感じ合いたい
国と国がとけてひとつ
その日を祈って今日も生きる
 
「ひとつ」とはあなたの心、思いやりに他なりません。世の中の人たち全てが思いやりの心を持ち、周りの人や国と「ひとつ」になる努力をすれば、世界はたちまち平和になり、地球環境は復元します。
皆さん、特に「お母さん」、女性の皆さんにお願いするのは、是非思いやり、助け合いの心を育み、この不完全な世界をあるがままに受け入れ、お互いに分かち合い、助けあって生きて行くことです。他の人を頭から排除せず、思いやりの心をかけましょう。

世のために何か自分の出来ることを見つけて、それを継続しましょう。例えば途上国での緑化活動に参加(植樹でも苗木代支援でも)、貧困女性・子女のための教育支援や技術指導などを通じて、彼女たちに夢と希望を与えることができます。世界を平和にする活動です。やれることは沢山あります。みんなで平和な世界を築きましょう。

2016年7月22日金曜日

日中友好シルクロード緑化活動


10年以上継続して予期以上の成果を残しつつも、近く活動停止が見込まれる「日中友好シルクロード緑化活動」(中国甘粛省永登県)に対する私たちの長年の支援と日本国民の中国の市民に対して示された友情に何としても感謝の意を表したいと、現地カウンターパート、蘇本山氏の率いる一行10名が来日する。その為、来る8月18日に、東京六本木の国際文化会館で、午後1時から5時まで、記念講演会が開催されることとなった。この講演会では、中国から、植林活動に特に貢献してくれた人たちに「友好大使」の称号を送り、その功績を讃えることとなっている。
 更に、出来れば、日本の若い人たちに語り掛け、働きかけて、今までの素晴らしい活動を継続し、世界の大気温暖化防止、黄砂防止、PM2.5対策のための活動を推進できないかを模索することになっている。

 蘇本山氏は今迄に実際ただ単に荒地に植林をするのみでなく、緑化を現地農民たちの生活向上・貧困削減に向けた活動にも役立たさせている。例えば、このプロジェクトが高地・寒冷地にある事から、そういう厳しい気候でも育つ特別な薬草を栽培し、高価で取引したり、私たちが一生懸命に植林をした「沙棘」(サージ。これまた薬用効果が高い)の木々の間に鶏を放牧し、鶏に沙棘の葉や実を食べさせ、沙棘には鶏の排泄物の恩恵を与えるという相互関係を築くとともに、これら鶏の卵や肉が現地で大変な評判を呼び、普通の鶏の3倍の値段で取引されるという状態を作り出すことに成功している。その他、彼が現在願望しているのは、沙棘の実から薬品や化粧品を生産する工場を建設することで、すべて現地住民の雇用促進と貧困削減を目標としている。

 以上のような訳で、私たちは8月18日が日中関係者に有益な対話の機会を提供し、市民レベルで日中の友好を促進し、同時に、地球規模での異常気象や大気温暖化を防止することを希望している。

 中国からのボランティアたちの言葉に耳を傾けよう、お互いの「世界の環境保全」に向けてのアイデアの交換をしよう。
 
 又とない機会だ。是非、環境問題に関心のある方々の参加を希望する。そして、政治抜きで、私たちが願うのは環境保全であり、平和で安心できる子ども達の世界のためであるということを示そうではないか。

国際文化会館 講堂 東京都港区六本木51116          
          電話: 03-3470-4611  Fax 03-3479-1738
             URL:
http://www.i-house.or.jp/
 
 
 
 
 
 

2016年5月17日火曜日

スリランカ貧困女性を支援しよう


        去る3月にスリランカに研修旅行を行った際に、ショックを受けたのは、この国で,女性が紅茶生産農園で安給料しかもらえず、彼女たちの生活環境は筆舌に尽くせぬほど劣悪だということでした。その上、紅茶生産に関して有機農法がどの程度実行されているのかは不明でした実際に、街中で「有機栽培によるお茶」を買うことは殆ど不可能で、私たちは漸く一軒の店を探しあてたのでした。
そこで、私たちがしなければならないのは、これらの女性たちや貧困農民が農薬や化学薬品に健康を蝕まれることがなく、皆で、茶園、家庭菜園で、健康に良い農産物を育て、相当の収入を確保し、更に生産した健康に役立つ農産物を市場で販売する手段を提供することです。そのため、2050としては、少額(100万円)のプロジェクトを立ち上げ、初期の活動のあとはすべて現地のNGOに引きついでもらおうという企画であります。
私たちの農法は、雑草の持つエネルギーを取り込んだ、500円銀貨大のセラミック陰陽一対を地中に埋めるか、又は、ドラム缶に、野草、米ぬかを混ぜ、マグカップ大のセラミック陰陽一対と水を加えて発酵させ、一週間ほどで液肥を作り、それを散布することで土壌微生物・土着菌の活性化を保証するものでもあります。さらに、もみ殻に牛糞、米ぬかを混ぜ、20日間ほど寝かせて堆肥をつくり、これを農園に漉き込むことで土壌微生物・土着菌の活性化を図ることもできます。これには農薬も化学肥料も一切使用しません。この「農法」は南部ラオスにおいて、すでにラオス政府によって強力に推進されています。その他、タイ、ネパール、中国でも農民たちによって導入されています。私たち3名の専門家を8月に1週間現地に派遣して液肥・堆肥製造のための研修行い、現地の信頼に値するNGOを選んでマイクロファイナンス方式を導入して、自主性・持続性を持つ活動を推進したいと願っております。
 以上のような状況から今まで放置されてきた気の毒な貧困女性のために募金をし、助けたいと願っています。そこで、2050は、今月からスリランカにおいて完全有機農法を普及するため、貧困女性救済為の100万円募金活動を行いたく存じます。 どうぞ、女性の地位向上に関心のある方、地球の将来を守りたい方、子どもたちに安心して住める地球を残したい方々は是非この募金活動にご協賛くださるようお願い致します。一口5,000円で、何口でも下記の口座にお払い込み下さるようお願い致します。
振込先  三菱東京UFJ銀行広尾支店 普通口座:特定非営利活動法人ニセンゴジュウ 理事長北谷勝秀  口座番号:0903814      
又は   郵便振替 口座番号:00190-4-669714           口座名:2050(ニセンゴジュウ)
皆様のご厚情・ご支援を心から感謝いたします。    理事長 北谷勝秀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年3月23日水曜日

覚悟と決心

 2月には韓国で開催された「世界平和を祈念する会合」に出席した。厳寒のソウルに行ってのお土産は肺と胃腸の故障で,帰国後しばらくは病床に伏せる事を余儀なくされた。3月には,ようやく立ち上がって歩き回れるようになったので,予定されていたスリランカへの研修旅行に出かけた。同行した会員の皆様に助けられ,励まされ、手を引かれて,3月17日には無事帰国出来た。でも,スリランカでは,余りにも辛い食事の故か,消化不良・下痢に悩まされ続け、体力の限界を悟らされる事となった。

 私が現在人生80代の後半を迎え、現実に直面する上で悟らされた事は,以上のごとく、体力,回復力、記憶力,聴力、視力等はさがる一方で、若いときと同じように世界平和に貢献するには、多くの人に依存し,助けて頂かねばならないのだと,神様からの啓示を頂いた事である。

 これからの残りの人生を如何に過ごすか,いかにして他人様のお世話にならず、世界平和をもたらす一助である為には個人としてどうすべきか等を考えると、「2050」の活動を今年一杯で終了し、あとは個人として啓発活動に専念することであると思うに至った。従って、今年いっぱいで2050の活動を終え,後は人生最後の期間を個人として過ごさせて頂くことになる。永年お世話になり,ご協力・励ましを賜った理事、会員、知り合いの皆様に心から感謝し,この決断に対し皆様のご理解と御協力をお願いする次第である。

2016年2月9日火曜日

春分の日を迎えて


 春分の日に岐阜県高山市を訪ねた。そこで図らずも見聞したのは、昔懐かしい「鬼は外、福は内」と、地域の人々が鬼や福に扮して、自分たちの地域を回っている姿であった。

 日本人は古来「鬼」は何を意味し,「福」とは何を求めていたのであろうか?私の勝手な解釈では、島国の狭い地域社会で暮らす人々が避けたいのは「独りよがりの自分勝手な人」で、「福」とは「周りの人々に安心感をもたらす思いやりのある人」ではなかろうかということである。

 春分によって改まる2016年はただならぬ年となり、私たちに様々な警告、苦痛、損害をもたらすこととなろう。それも全て「地球規模」の大きなものである。収まることの無い大気温暖化によって引き起こされる異常気象は最早「異常」ではなく、人々の願いを空しくして大規模な天災・人災を引き起こしている。世界各地では水不足に、大変な乾燥に見舞われ、同時に大水害も経験している。洋上の島国は水没の危険に絶えず曝されている。アジア・アフリカの沿岸諸国は海水位の上昇で耕作地をどんどんと失っている。かくして、人類は前代未聞の危機に直面しているが、人々はそれらを余り深刻に受け止めず、学者や政治家も環境面で警鐘を鳴らす人の数は限られている。

 世間の人々が気にするのは株価、収入、暮らしぶりと言ったところで、2050年から2100年にかけて私たちの子孫がどのような運命に弄ばれるのかなどには考えが及ばない。

 どうです、皆様、これで良いのでしょうか?これから「鬼」で過ごしますか、それとも「福」に徹しますか?一市民として、人の親として、地球の将来に少しでも責任を感じ、何かしらの対応策を持ちませんか?政治家や官僚が何の行動をも起こさなければ、市民がやるしかありません。地球の将来を救うため立ち上がりましょう。

2016年1月25日月曜日

新しい年を迎えて 

                                
 新年ななったと思っていたら、もう一月近く経ってしまった。全く、月日の経つのは早いものである。最近の異常気象に振り回され、地球の将来やこれからの環境問題を考えると、あまり楽観的な気分に浸ってはいられない。
でも、国際的にはパリのCOP21が曲がりなりにも合意を得たし、SDGsも発表された。
わが国では、ようやくの事で国連環境計画(UNEP)を支援するUNEP協会が11月に設立された。そうなると、いかに多くの異常気象や天変地異、様々な企業での不正があろうと、「ただ悲観していては駄目だ、なんとしても地球の将来だけは守ろう」と言う気分になる。これが私の新年の決意だ。三日坊主にならぬように気をつ
けなくては!
 
 先ず、先達・先人たちの(ゴルバチョフ氏、モーリス・ストロング氏、ワンガリマー
タイ女史など)ビジョンと情熱を思い起こし、彼らの意志を引継ぎ、地球と人類の将来を守るよう決意しよ
う。彼らが2000年6月に発表した「地球憲章」(Earth Charter)をひも解こう。
そして、今年は私たちの「行動の年」にしよう。
 
 実際、この地球は存亡の危機に直面している。私たちに傍観は最早許されない。
皆危機感を持って環境保全の為に立ち上がろう。なんでもいい、出来ることをや
ろう。それは、生活を切り詰めること、植林をすること、電力やエネルギーを得
るためにはもう温暖化ガスを放出する石油、石炭などに頼らずに、太陽光や風力
のような「再生可能エネルギー」に切り替えなければならないということだ。
環境NPOの活動に参加しよう。家庭で、学校で、職場で、何が出来るか、何をすべ
きか話し合ってほしい。そして、悔いの残らない生活をしよう。
 
 会員の皆様が危機感を持って環境問題に何らかの形で対処することを心から祈り、新年のご挨拶としたい。」